−尼崎・西宮・伊丹・神戸・大阪− 株式会社設立のことならご相談ください

株式会社設立代行センター > 設立のメリット

設立のメリット

 個人事業と比較すると、株式会社を設立することでさまざまなメリットが生じます。主なものでは次のようなものがあります。

 以下で詳しく説明をします。


社会的な信用度が増す

 ビジネスの世界では、個人よりも会社として事業を行っているほうが、一般的に信用イメージが良いというのが現実です。 個人の病気や死亡等によって事業の存続が左右される個人事業ではなく、会社組織として継続して事業を行っているほうが、取引先から「安定した取引が行える」と判断されることが多いというのも原因のひとつです。 実際に、取引の条件として、法人であることを最低限の条件として定めている企業は多くあります。

資金調達がしやすくなる

 社会的な信用も手伝って、銀行等の金融機関から融資を受ける際に有利となります。
また、個人事業の場合、資金は経営者個人の自己資金か借入金のみとなりますが、株式会社の場合は株主から出資金を集めることが可能となります。

節税効果が望める

 個人事業の場合、所得税は超過累進税率により課税されます。これは所得が多くなるにつれて税率もアップしていくというものです。 一方、会社の場合、法人税は一定税率で課税されますので、年間の総所得が一定の額を超えると個人事業より会社の方が税金面でトクになります。

社会保険に加入できる

 役員も社会保険に加入することができます。健康保険は市町村の国民健康保険に比べて手厚い給付が受けられますし、厚生年金に加入すると国民年金のみの場合と比べて補償が格段に厚くなります

決算期を自由に設定できる

 個人事業の場合は、決算日は12月31日と決まっており、変更することはできません。一方、会社の場合は、事業の都合に合うように任意に決算期を定めることができます。

責任が有限となる

 万が一事業に失敗し倒産してしまった場合、個人事業の場合は事業主が個人の財産をもって債務を返済しなければなりません、しかし会社の場合は、会社と個人は別人格ですので、出資者は自分の出資した金額の範囲でしか責任しか負わないということになっているのです。

お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

女性 悩んでいるなら専門家に相談を 『初回無料相談』実施中! 詳しくはコチラ お問い合わせは 072-773-8011 トップページへ戻る



兵庫・大阪 株式会社設立代行センター