兵庫・大阪 NPO法人設立に関することならご相談ください

NPO法人設立代行センター > NPO法人のメリット

◎ NPO法人のメリット

任意団体とは異なりNPO法人には様々なメリットがあります。以下はその一例です。


社会的な信用が高まる

任意団体と比べたときのNPO法人の1番のメリットといえば、何と言っても「社会的な信用が高まる」というところです。
NPO法人は、法人の目的や所在地、役員など、定款や登記簿上で確認することができ、財政状況や経営状況についても、毎年所轄庁に報告していることから、活動面、財政面ともに極めて透明性が高いことから、相手方の信用も高まるのです。
また、所轄庁の認証を受けて設立された団体であるということが、世間の信頼を得ることにもつながっています。


法人格による契約や不動産登記が可能

任意団体の場合は、団体名による契約行為をすることができず、事務所の賃貸や共料金の支払い、銀行口座の開設、その他様々な契約行為を、代表者の個人名で行う必要があり非常に不便なことがあります。
しかし、NPO法人なら法人格による契約が可能なので、銀行口座の名義から支払い、その他各種契約行為をNPO法人名義で統一することができます。
また、代表者個人ではなく、NPO法人が法人格として契約行為を行うことで、代表者だけがリスクを追うこともなく、無用なトラブルを防ぐことにもつながります。


税制面で有利

NPO法人は、収益事業に対して課税する仕組みになっていますので、非収益事業には課税されることがありません。
また、税務申告の際、NPO法人は個人の支出とNPO法人としての支出が明確に区分されているため、任意団体の場合は経費と認められない場合も多いのに比べて、NPO法人の場合は経費の認められる範囲が広くなるという面もあります。


事業委託・補助金を受けやすい

公的機関からの事業の委託や補助金などは、一般的に対象を法人に限定しているので、任意団体よりNPO法人のほうが有利となります。


設立の際に、資本金や登録免許税が不要

株式会社を設立する場合と異なり、NPO法人の設立時には資本金や、定款作成時の認証料、登記の際の登録免許税が不要となりますので、少ない資金で設立することができます。



◎ お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

女性 悩んでいるなら専門家に相談を 『初回無料相談』実施中! 詳しくはコチラ お問い合わせは 072-773-8011 トップページへ戻る



NPO法人設立代行センター